お金・仕事

仕事と子育ての両立は無理?楽しくできる!7つの秘訣

仕事から育児、家事まですべてこなすのは大変です。子育て中は予期せぬハプニングも起こるため、必ずしもスケジュール通りに物事が進んでいくわけではありません。

仕事と子育てを両立できずに悩んでいるママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、仕事と子育てを楽しく両立できるコツを紹介していきます。

手抜き方法を知る

仕事と子育てを両立しているママの多くは、家事の手抜き術を知っています。「いかに楽に家事をこなせるか」ということを考えて行動するようになると、負担がかからなくなり、仕事と家事の両立が可能になります。

完璧を目指さない

子育てや家事を、すべて完璧にこなそうとするのは大変です。自分にプレッシャーをかけることでストレスがたまり、精神的にも肉体的にも疲労してしまいます。

仕事と子育てを楽しく両立したいなら、完璧を目指さず、手抜きする楽しさを見つけましょう。

「〜すべき」「〜しなければならない」と考えると自分を追い詰めてしまうので、柔軟な考え方を心がけることが大切です。

やることリストを作るのではなく、「やらなくてもいいことリスト」を作っておくと、仕事と子育ての両立が楽になりますよ。

便利家電を活用する

働くママにとって、便利な時短家電は手放せない存在だといえます。便利家電を活用すると、家事の時間を大幅に節約することができます。

• 全自動洗濯機
• 食器洗い乾燥機
• 空気清浄機
• 高性能オーブンレンジ
• ロボット掃除機

全自動洗濯機と食器洗い乾燥機は、仕事と育児を両立する上で外せない家電です。

全自動洗濯機の最大のメリットは、洗濯物を干す時間を節約できる点にあります。夜にタイマーをセットしておけば、朝起きたときには洗濯物が乾いた状態で仕上がっているので、手間がかかりません。

食器洗い乾燥機は皿洗いの時間を節約できるだけでなく、水道代の節約や手荒れ防止にも役立ちます。

洗剤を入れてスイッチを押すだけでいいので、機械オンチな人も安心して使えるでしょう。

手作りでなくてもいい

家事の中で一番時間がかかるのは、食事の支度ではないでしょうか。朝食、昼食、夕食の準備を毎日するのは大変ですよね。

仕事と両立するとなると、なおさら負担がかかります。 忙しいときは無理して手作りをする必要はないので、スーパーのお惣菜や出前などで済ませましょう。

最近は低料金で利用可能な宅食サービスも増えているので、買い物に行く時間がないときに役立ちます。

手作りの料理を作れないことに罪悪感を持つ必要はありません。「毎日手作りしなくてはならない」と考えるのは自分を苦しめるだけです。

自分や家族に必要なことだと割り切りましょう。

全部一人でやろうとしない

仕事、子育て、家事を全部ひとりでこなすのは不可能です。すべて一人でやらなければならないと考えずに、周りの力を借りましょう。

他人に頼ったり便利なサービスを活用したりすれば、自分の時間も作れるようになり、仕事と家事を楽しく両立できるようになります。

いざというときに頼れる助っ人を用意しておく

子供が急に熱を出したり、自分が体調を崩して子育てができなくなったときに備えて、周りに頼れる人を見つけておきましょう。

両親や親戚、友人など、いざというときに助けてくれる人がそばにいると安心です。

また、子育てについて理解してくれる人を職場で見つけておくことも大事です。子供が病気にかかったときは、夫婦のどちらかが仕事を休む必要性も出てきます。

そんなときに職場に理解してくれる人がいると、職場をスムーズに抜け出すことができます。

夫婦だけで子育てをするのは大変なので、遠慮せずに周りの力を積極的に活用しましょう。

自治体の支援サービスを活用する

「子育てが大変!」と感じたときは、自治体の子育て支援サービスを利用してみましょう。

自治体では妊娠から出産、子育てにいたるまで、子供の成長に合った支援を行っています。

子ども一時預かり支援、チャイルドシート補助金、おむつ支給など便利なサービスが用意されているので、働くママの役に立ちますよ。

自治体によってサービス内容が異なるので、事前にホームページなどで詳細を確認しておきましょう。

家事代行サービスを利用する

家事代行と聞くと、お金持ちが利用するサービスというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近はサービスも多様化し、低料金で利用できる家事代行が増えています。

家事代行のサービス内容は以下のようになっています。

• 掃除
• ハウスクリーニング
• 料理
• 洗濯
• 整理整頓
• 子どもの送り迎え(習い事の送迎など)
• 産前産後の家事サポート

家事代行を利用する最大のメリットは、自分のための時間を作れることにあります。

家事代行を利用すれば、掃除や料理など一通りの家事をこなしてくれるため、「一人の時間を作りたい」「夫婦で久しぶりにデートしたい」というときに役立ちます。

定期利用ではなく、スポット利用であればそれほどお金もかからないので、「忙しくて家事に手が回らない」というときは活用してみましょう。

まとめ

仕事と育児を両立するには、割り切ることも大切です。「完璧にこなすのは不可能」「疲れたときは手作りでなくても良い」と割り切って考えれば、精神的にも肉体的にもかなり楽になります。

子育てに悩んでいるのは自分一人だけではありません。困ったときは周囲に助けを求めましょう。

頑張りすぎず、楽にこなせる方法を身につけておけば、仕事と子育ての両立を楽しめるようになります。

お得!無料会員登録

おすすめ記事

  1. 子どもが家で楽しく学ぶ!英語教材を選ぶ5つのポイント

  2. フリーランスなら知っておきたい!損害賠償保険のすすめ

  3. 募集前から集客ができる!WEBで簡単5つのステップ

  4. 売上アップ!お客様の「欲しい!」スイッチを押す!3つの作戦

  5. お客様を自然とお申し込みに誘導する!3つの秘訣

  6. 今だからこそ外貨に挑戦!損をしない5つのポイント

最近の記事