小顔に見える髪型って?働くママ必見!顔型別に紹介

顔型は 理想とされている卵型の他に、大きく分けて、丸顔・面長・逆三角・ベース型の4つのタイプがあります。

ヘアスタイルやヘアセットで、頭全体がひし形に見えるシルエットをつくり、卵型さんの顔に近づけましょう。

忙しくて時間がなくても 、自分に合う髪型を把握しておくことで、パパッと小顔効果のあるセットが可能になります。

目立つところをカバーし、おしゃれで小顔に見える髪型が知りたい働くママさん、必見です!

小顔に見える!似合う髪型は顔型に注目

冒頭で、顔型には、卵型の他に「丸顔・面長・逆三角・ベース型」の4つのタイプがあると紹介しました。それぞれの特徴を知り、自分はどの顔型タイプなのか確認してみましょう。

小顔ヘアにするためのポイントは、ひし形シルエットをつくることです。

自分の顔型を把握して、ひし形シルエットをつくることで、ショートヘアの方もボブやロングヘアの方も、自分に合った小顔ヘアにできます。

では、顔型別に、小顔ヘアになるためのポイントを見ていきましょう。重要な前髪についても紹介していきます。

「丸顔型さん向け」小顔ヘアスタイル

【丸顔さんの特徴】
・童顔に見られる
・縦幅と横幅が同じか、横幅の方が広い
・頬がふっくらしていて顔周りが丸い
・可愛らしい雰囲気

丸顔さんが小顔に見えるひし形シルエットへ近づくには、横のラインを削り、縦のラインが広くなるように意識をしましょう。

可愛らしい顔立ちなため、ショートヘアやボブがとても似合います。

すべての毛先が揃ったワンレンショートボブや、丸みのあるボブ、前下がりボブがオススメです。

ロングヘアの方は前髪を長くすると小顔効果があります。

おすすめ前髪

前髪の幅を狭くして額を出すことで、縦のラインが強調され、小顔に見えます。

まっすぐな前髪やワイドバングは、横のラインを強調してしまうため、控えましょう。

薄い仕上がりのシースルーバングや、かきあげバング、左右非対称なアシンメトリー、眉毛上のオン眉など額を見せることで、抜け感のある自然な前髪がつくれます。

「面長型さん向け」小顔ヘアスタイル

【面長さんの特徴】
・実年齢より上に見られる
・目の距離が近い
・クールな印象
・落ちついている雰囲気

面長さんが小顔に見えるひし形シルエットへ近づくには、縦のラインを削り、横のラインが広くなるように意識をしましょう。

卵型に近い面長さんは、サイドのボリュームを少し出すことが大切です。

シンプルなショートヘアや、アゴより上に毛先がくるボブが似合います。

ロングヘアの場合は、耳の横にくる髪にボリュームをもたせましょう。

おすすめ前髪

面長さんは前髪があることで横のラインに重心を置け、縦のラインが目立ちません。横幅を広くとり、長めの毛先にするといいでしょう。

目にかかるくらいのバングや、根元を立ち上げふわっとさせたボリューム感のある前髪が似合います。また毛先をカールさせ流した前髪もオススメです。

ただし、センター分けは縦ラインを強調してしまうため、控えておきましょう。

「逆三角型さん向け」小顔ヘアスタイル

【逆三角さんの特徴】
・額の幅が広い
・アゴがシャープ
・知的な雰囲気

逆三角さんが小顔に見えるひし形シルエットへ近づくには、シャープな顎ラインがカバーできるように意識をしましょう。

その際フェイスラインに沿うように髪の毛を下ろしてしまうと、輪郭がはっきり出てしまうため注意が必要です。

また、毛先をレイヤーやシャギーで薄くすると、アゴ周りを強調してしまいます。

トップに少しだけボリュームを出し、全体的にAラインをつくる気持ちでセットをしましょう。

カールをつけるときは、頬からアゴ下の毛先を外ハネにカールし、ボリュームをつけることでAラインがつくれ、華やかな印象になります。

おすすめ前髪

逆三角形さんは、センター分けがよく似合うのでオススメです。

額に重心をおくことで、フェイスラインが自然になって小顔効果があるため、前髪の幅は広めにとりましょう。

毛先にカールをつけてボリュームを出すことで、優しい印象になります。

「ベース型さん向け」小顔ヘアスタイル

【ベース型さんの特徴】
・エラや頬骨が目立つ
・こめかみや額の幅が狭め
・アゴがシャープ
・かっこいい雰囲気

ベース型さんが小顔に見えるひし形シルエットへ近づくには、頭の上部にボリュームをもたせ、エラや頬骨がカバーできるように意識をしましょう。

ウルフカットのように上部にボリュームをもたせ、毛先や顔周りの毛を薄くすることでフェイスラインを自然にみせてくれます。

カールをつけるときは、ゆるふわなカールや、顔周りの毛にボリュームをもたせるといいです。縦幅を長くする気持ちでセットをしましょう。

平面的に見えないように、後ろの髪もボリュームをもたせることが大切です。

おすすめ前髪

ベース型さんは重めな前髪やまっすぐな前髪は、輪郭を強調してしまうため、控えましょう。

前髪の幅は、輪郭を強調させないためにも狭くとってください。

また、額を出すことで優しい印象になります。レイヤーを入れるなど、 毛先を薄くして軽さを出すといいでしょう。

強めなカールやかきあげた前髪など、ボリュームがある前髪をつくることで、小顔効果が出ます。

まとめ

顔型別に、小顔に見えるヘアスタイルを紹介しました。

忙しく時間がなくても 、自分に合う髪型を把握しておくことで、朝の忙しい時間でもパパッと小顔効果のあるセットが可能になります。

時間に余裕をつくり、子育ても仕事もおしゃれも楽しみましょう。ぜひとも試してみてください!

働くママ応援部

働くママ応援部働くママ応援部

記事一覧

『働くママ応援部』のわたしたちは「働くママ」が仕事や子育てをもっと楽しく、楽に、日々をワクワクと、そして笑顔で自分らしく輝ける社会にしたい。
そんな思いで、「働くママ」と「働くママを応援したい人&企業」が集まる『働くママ応援部』を運営しています! 

サイト:https://hata-mama.com/
会員サイト:https://mycreate-m.com/

関連記事