炊飯器で簡単煮豚&スープ!ルイボスティーで万能レシピ

近年、1日中働いて、帰宅してからも家事や育児をこなす働くママが増えています。

クタクタになりながらも家族の健康を考え、栄養バランスの整った食事を作ろうと頑張っているママたちに、一度に2品できるお手軽レシピを紹介します。

今回は、ノンカフェインで、小さなお子さんからお年寄りまで安心して飲める「ルイボスティー」を使って、煮豚とスープを炊飯器で同時に作ります。

下味をつけたお肉と、冷蔵庫に余りがちなお野菜を、炊飯器に入れるだけの簡単!時短レシピです。

しかも、スープが余ったら翌日のカレーにアレンジ可能なので、翌日の夕飯の献立に悩むこともありませんよ。

ノンカフェインで身体に優しい「ルイボスティー」とは?

煮豚と言えば、紅茶で作るイメージを持たれる方が多いかもしれません。しかし、紅茶はカフェインが含まれているため、たとえ少ない量でも避けたいと思われるママたちも多いでしょう。

今回使うルイボスティーは、ノンカフェインなので小さなお子さんでも安心です。また、身体の健康にも美容にも、効果が期待できるお茶としても知られています。

ルイボスティーは飲むお茶としてだけでなく、実は肉料理やスープ、カレーなどの煮込み料理にも最適なのです。

今回紹介するレシピは、ルイボスティーや野菜、お肉などの素材の味を活かしたお料理なので、最低限の調味料しか使いません!

お手軽にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

煮豚とスープを同時に作る!? 炊飯器で 楽ちんレシピ

塩と胡椒、ニンニクで下味をつけた豚肉と、長ネギや椎茸、生姜などの出汁の出やすい野菜を、ルイボスティーで炊飯するだけで、煮豚とスープが同時に作れるお手軽レシピです。

1日中働いたクタクタな身体で、夕飯を作るのが面倒と感じるママたちも多いでしょう。

しかし、このレシピならば、お肉に下味を付けて野菜をカットして炊飯器に入れるだけ!

疲れたときや夕飯を作るのが面倒なとき、メニューが決まらないときには、ぜひともおすすめのレシピです!

【材料】4人分

  • ルイボスティー ティバッグ3個
  • お湯 4合目分(※今回は5.5合の炊飯を使用しています)
  • 豚モモブロック 500g
  • 塩・胡椒 各小さじ1
  • すりおろしニンニク 小さじ1
  • 長ネギ 青い部分1本分
  • 長ネギ 白い部分½本
  • 椎茸 3枚
  • 生姜 ⅓個くらい
  • セロリ 葉の部分1本文
  • 人参 ½本
  • 焼肉のたれ 適量

【作り方】

1.炊飯器のお釜にお湯を4合目辺りまで注ぎ、ルイボスティーのティーバッグを3つ入れて15分ほど置いておきます。

※ お釜の周りはとても熱くなるので、やけどには気をつけてください。

2.豚モモブロックに塩、胡椒、すりおろしたニンニクで下味を付けます。

10分ほど置いて、味を染み込ませます。すりおろしニンニクは、チューブニンニクを使用すると、さらに手軽にできるのでおすすめです。

3.ネギ、椎茸、人参、生姜をカットします。ネギは薄く斜めにカット、椎茸と人参はみじん切りに、生姜は薄くスライスします。

4.1の炊飯器に、2で下味を付けた豚モモブロックを入れ、さらに3でカットした ネギ、椎茸、人参、生姜を入れていきます。

その上に、青ネギの青い部分とセロリの葉っぱ部分を入れて、炊飯スタート!

5.お肉を炊飯している間に、焼肉のたれを小鍋で温めます。

6.炊飯が終了したら、青ネギの青い部分とセロリの葉部分を取り出します。さらに、豚モモブロックも取り出し、少し冷まします。

食べやすい大きさにカットし、温めた焼き肉のたれをかけたら、完成です。

スープにはお肉や野菜の旨味がしっかりと付いているので、そのまま美味しく飲むことができます。

炊飯している間に、別の家事や親子時間を過ごそう!

炊飯器は、火を使うガスコンロと違い、炊飯が完了するまで放置しておけます。

この間に、夕食で一緒に食べる野菜の準備をしたり、子どもをお風呂に入れたり、洗濯をしたり、明日の保育園の準備をしたりと、別の家事をすることができます。

また、働いていると子ども一緒に過ごす時間が限られてしまうので、お子さんとの親子時間にしても良いですね。

私は、この時間に絵本を読んだり、おもちゃで一緒に遊んだり、絵を書いたりと親子時間にあてています。

余ったスープは翌日の夕飯にリメイク!旨味たっぷりカレーを作ろう!

スープが余ったら、翌日のカレーにおすすめです。豚肉の肉汁や野菜の旨みがぎゅっとつまっているので、コクのあるカレーを楽しめますよ。

カレーのお肉は、鶏肉や豚肉、牛肉など何でもOK!深めのお鍋やフライパンでお肉を焼き、じゃがいもや人参、玉ねぎなどの野菜を炒めます。

余ったスープを、具材ごと炒めた食材に入れ煮込みます。スープが足りないときは、お水を足してください。

適度に煮込んだら、火を止めてカレールーを入れ溶かします。弱火で煮込み、とろみがついたら完成です。

お肉や野菜の旨味が凝縮された、美味しいカレーを味わえます。

手抜きでもおいしい!2品同時に作れる栄養満点レシピ

ルイボスティーを使った、簡単おいしい万能レシピをご紹介しました。

炊飯器は、煮込み料理に向いているので、今回の煮豚にも最適です。

同時に2品作れるうえに、別の家事もこなすことができます。または、子どもと一緒に過ごす、子の触れ合い時間にあててもいいですね。

家族の健康を考え、毎日栄養バランスの取れた食事を作ろうと、悩むママも多くいらっしゃると思います。

一汁三菜が理想とはいえ、忙しくて理想通りにいかないときもあるでしょう。

そんなとき、このレシピであれば、お肉や野菜、スープと、栄養バランスの取れた食事をとることができます。

手を抜きながらでも、栄養たっぷりの夕飯は作れるので、ぜひ試してみてくださいね!

働くママ応援部

働くママ応援部働くママ応援部

記事一覧

『働くママ応援部』のわたしたちは「働くママ」が仕事や子育てをもっと楽しく、楽に、日々をワクワクと、そして笑顔で自分らしく輝ける社会にしたい。
そんな思いで、「働くママ」と「働くママを応援したい人&企業」が集まる『働くママ応援部』を運営しています! 

サイト:https://hata-mama.com/
会員サイト:https://mycreate-m.com/

関連記事